スタッフブログ

今年も残すところあと1ヶ月と少しになりました。

2019/11/25(月) 日々のこと

師走も近づいてきて、世の中も少し慌ただしくなってきた様に感じます。

駅前では、すでに忘年会をやっているサラリーマンの方がいました。最近では早めに行う企業も増えてきた様ですね。

今回はふるさと納税について書きたいと思います。     

「納税」という言葉がついているふるさと納税。 実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。

一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。

ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

簡単に言うと2000円の自己負担額で返礼品が貰えるということです。

ふるさと納税の概要はこちら 全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限がありますので、確認してみてください。

 上限額一覧(総務省HP)

寄付先の自治体数が5団体以内であれば確定申告も必要ありません。(給与所得者に限る)※ワンストップ特例制度

ですからお金持ちがやるものというイメージが独り歩きしていますが、誰もが得する制度なのです。

さらっと説明しましたが、さらに詳しく知りたい方は総務省のHPや”さとふる”などのサイトを見ていただければと思います。

皆さんも試しにやってみてください。

 

 

 

記事一覧

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ