よっつこだわりました。

user-pic
0

IMG_4444.jpgこの一枚の画像の中に四ヶ所こちらの奥様のこだわりがあります。

その1:ピンクっぽい壁はこちらのご家族が土日の二日間でご自分たちで塗られた壁なんです。なかなか想像しがたいんですがアロエの化石を粉末状にした自然素材の塗り壁でクロスを張った上から塗ることができて誰にでも時間さえあればできてしまう優れものなんです。

クロスが張られていれば材料代と労力だけなので思いっきりひとつで模様替えに最適です。話はそれますが、北米では日本と違い家具の配置換えを模様替えというのではなく壁のペイントやドアのペイントを自分たちでする事を模様替えというそうです。映画のワンカットに良くありますよね。

 その2:ドアもこだわっているんです。玄関ホールとリビングのドアなんですが、奥様のイメージからデザインされたオーダードアです。塗装もミルクペイントというべたっと塗られたマッドな風合いで塗られていて、壁とのマッチングが絶妙なんですよ。

 

 その3・4:飾り窓?ダイニングとリビングの間にガラスを入れてみました。ただ入れることなく格子も入れる事で部屋全体のやわらかい感じにはピッタリですね。

 ステンドガラスも入れたんですが、あえて高さを一緒にしなかった事が正解でした。

インテリアは本当に難しいんですが、絵・写真・タペストリー又はスタンド何かも演出を変えてくれるんでいろいろ試してみる事ですかね・・・・。

                                      SELCO KING。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hoeism.co.jp/mt/mt-tb.cgi/304

コメントする